SysReturn インスタント リカバリー&集中管理システム

 

 

 

PCがウイルス感染してしまったとき、どうやってすぐに修復すればいい?

誤って操作してしまいシステムを破損したとき、どうやって直せばいい?

SysReturn インスタント リカバリー&集中管理システム

 

システム効率がどんどん悪くなっていく、どのように正常使用状態に戻す?

管理下にある多くのPC、どのように効率的にメンテナンス管理をするのか?

『SysReturn インスタントリカバリー&集中管理システム』はPCのメンテナンス・修復機能と、大量のPCを集中管理する機能を持ち合わせています。管理者はコンソール側PCのメンテナンス/修復/管理等をすることで、各PC全てが正常に使用できることを確保できます。



PC使用環境に対して、SysReturnは「システム リカバリー」「映像ファイルのバックアップ&回復」「ディスク/USBの修復」及び「ハードディスクの同期コピー」等、多くの便利なシステム保護ツールを提供しています。


システムリカバリー(System Recovery)

SysReturn「多ポイント復元」の保護機能を使用し、使用者がスムーズに”復元ポイント”の新増設/削除が行えます。PCに問題がおきた際、リセットボタンを押せば再起動し、すぐに指定した”復元ポイント”のドライブ状態までリカバリーでき、PCの修復と処理にかかる時間を短縮できます。

同時にSysReturnは便利な「ファイル復元無し」機能を提供しています。使用者が自由に資料やファイルを「システムリカバリー」後、保存はするが復元はしないように選択することができます。システム保護とファイル保存を兼ね備えた機能です。

システムリカバリー(System Recovery)

映像ファイルのバックアップ&回復

映像ファイルのバックアップ&回復
(Image Backup / Restore)

SysReturnの「映像ファイルのバックアップ&回復」機能を使用し、PCのパーティション或いはハードディスクを単独の“映像ファイル”にすることができます。システムに大きな問題が起き「システムリカバリー」でも復元不可能、或いはハードディスクの破損で交換が必要な際でも簡単にバックアップしたときのPC環境まで復元できます。

SysReturnには“瞬間リカバリー”と“バックアップ回復”を融合した「映像ファイルのバックアップ&回復」機能があります。「システムリカバリー」の保護設定と連動して、一緒にバックアップ/回復の両面から保護ができます。


ディスク/USBの修復

SysReturnのバックアップ管理ツールから使用できる「ディスク修復」或いは「USBの修復」の製作が可能です。PCが故障しシステムに入れなかったときも、このツールですぐにPCのシステムを正常に回復することができます。

SysReturnの「ディスク修復」と「USBの修復」はPCを“初期設定”の状態に戻せるだけでなく、インストールしているアプリ、設定しているシステム及びネットワークパラメータも一緒に保護します。その他、Win10、GUIDパーティションテーブルのバックアップと復元が可能です。

ディスク/USBの修復

ハードディスクのコピー

ハードディスクのコピー

SysReturnの「ハードディスクのコピー」は、1台の単独PC上で高速でハードディスク内の同期コピー(“ドライブ同期コピー”に類似した機能)が、できる機能です。

Sysreturnから「ハードディスクの同期コピー」機能を行ったとき「差分同期コピー(移動に必要なデータ量だけをコピー)」し、作業スピードをはやめ;「多ポイント復元」も同時にコピーし、各“復元ポイント”を設定します。「一対多数の同期コピー(同時に多数のハードディスクの複製)」を行います。

SysReturnの「ネット同期コピー」機能は、「完全同期コピー」及び「差分同期コピー」の二つの機能が含まれています。ネット回線を通してソース側PCのディスク内容を、すばやくエリアネットワーク内の他のターゲット側PCにコピーします。


完全同期コピー

完全同期コピー(Full NetCopy)

ソース側のPCのハードディスク内容(一部パーティション/全パーテーション/ハードディスク本体)を完全にエリアネットワーク内の指定したターゲット側PCにコピーし、システムと全てのソフトウェア及びリカバリープログラムのインストールと設定をすばやく終わらせます。

大量のターゲット側PCの“ネットワーク設定”の設定値(例:IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスの配置と設定、PC名称の設定、DNSの設定、ドメイン、Windows及びOffice KMS/MAKの起動…等)をネット同期コピーで行う際、コピー前にソース側PCから先に設定することができます。ネット同期コピーを行った後、プログラムは自動で設定値を決めます。ターゲット側PCのネットワーク設定の修正を操作する必要はありません。

SysReturnの「ネット同期コピー」機能は、「多ポイント復元」を支援できます。ソース側PCで多くの“復元ポイント”を設定が可能です。ネット同期コピーを行う際は、ソース側の「多ポイント復元」の保護のもと同時に各ターゲット側PCに同期コピーができます。


差分同期コピー(Differential NetCopy)

SysReturnの「増量同期コピー」機能は、ソース側PCデータ量の“増減”だけに対して指定したターゲット側PCに同期コピーします。全てのハードディスクデータを送る必要がないため、時間の短縮になります。

SysReturnプログラムはでディスクデータの移動状態を識別でき、自動で「増量同期コピー」ができるか判断します。使用者自身で判断し、操作する必要はありません。

差分同期コピー
マルチブート

マルチブート

SysReturnは多数のシステムをインストールする必要があるとき用に、マルチブートプログラムを提供しています。“システムリカバリー”の保護のもと簡単に多数のシステムインストールができます。(例:Windows/DOS/Linux)

PC電源を入れた際、使用者が起動させたいシステムを全て選択することができます。システム保護とマルチブートの両方を同時におこなえます。


独立環境(Standalone Environment)

多数のクラスが共同でコンピューター教室を使用していても、それぞれのパソコン授業で継続したカリキュラムの提供ができます。生徒が前回操作した環境を、次の授業の時にも継続して使用できます。

管理者がSysReturnの「独立環境」機能を通して、特定の“復元ポイント”で保護されたPC環境では、すばやく各生徒に1つ(或いは多数)の独立した復元されないPC環境をつくることができます。システム保護と学習の需要、両方を同時におこなえます。授業が終了した際、生徒はPCにたいして一切の操作をすことなく、管理者がコンソール側からカリキュラム時につくられた“独立環境”を直接削除することができます。

独立環境

SysReturnの集中管理機能を使用し、IT管理者は簡単にコントロールされる側のPCをコントロール側に繋げことこで、一括管理メンテナンスがおこなえます。SysReturnの「グループ管理」機能を通して、管理者はそれぞれのグループを組むことができます。グループ別で、システムメンテナンスと管理がおこなえます。

管理者がSysReturnのコントロール側PCからネット(LAN或いはWAN共に支援)をとおして、単独/部分/全部のコントロール側PCへ、遠隔で「システムリカバリー」「遠隔コントロール」「遠隔メンテナンス」「遠隔設定」「データ転送」「資産管理」「バックアップ管理」「保存制限」「省エネ管理」…等各機能をすばやく支援しコントーロールされる側のPCシステムのメンテナンスと修復、ソフトウェアとハードウェア設備の管理ができます。

集中管理