ViewAce マルチメディア教育システム

 

マルチメディア教育システムとネットワーク・テクノロジーを組み合わせることで、ビデオ、オーディオ、画像、アニメーション、写真、テキストなどの様々な素材を教材にインポートすることができます。 ネットワークを介して明確かつ瞬時に転送することで、リモート教育を充実させます。

ViewAce マルチメディア教育システム

『ViewAceマルチメディア教育システム』の各機能をとおして、マルチメディアブロードバンド教育/レッスンの遠隔教育サポート/生徒とオンライン音声チャット/学習過程のモリタニング/PC設備の数量検査と管理…等、授業に必要な運用と管理を教師用PCから全状況を把握することができます。



ViewAceは「ブロードバンド教育」機能をもち、教師用PCから各種教材をシステムをとおして学生用PCに転送し、学生がレッスン内容を見たり聞いたりできます。


オーディオ・ビデオブロードキャスティング

教師用PCの各教材内容(例:PCの操作画面、学習ディスク及びファイルの放送、即時撮影…等) ViewAceシステムえをとおして「ウィンドウ放送」「オンラインシネマ」「ビデオ通話放送」等機能が使用でき、即座に生徒用PCに転送できます。

その他に教師用画面にはダブルモニターがあり、教師はどちらの画面を学生用PCに転送するか指定できます。また、学生用PCにダブルモニターが設定された場合は教師がどの画面を生徒に表示するか指定ができます。

オーディオ・ビデオブロードキャスティング

ウィンドウ・ブロードキャスティング

ウィンドウ・ブロードキャスティング

操作が難しいカリキュラムでは「ウィンドウ・ブロードキャスティング」機能を使い、教師用PC の全画面を生徒のPC 画面に「ウィンドウ」表示できます。 生徒はデモを見て、同時にどのように操作するのかを練習することができます。


エリア・ブロードバンドキャスティング

教師が画面の特定の領域を強調したい場合は、モニター上の任意の領域をドラッグして表示することができます。 生徒のモニターには、指定の領域のみが表示されます。

エリア・ブロードバンドキャスティング

デモ・ブロードキャスティング

デモ・ブロードキャスティング

教師は、特定のまたはすべての生徒PC に画面の再生やサウンドを再放送して、他の生徒が学ぶようにすることができます。

ViewAceシステムは便利な教育アシスタント機能が備わっています。ネット回線を通してマルチメディア学習カリキュラム、リモートコントロール・モニタリング、コミュニケーション…等、各学習ができます。


リモートコントロール・モニタリング

リモートコントロール・モニタリング

教師は座席を離れることなくViewAceの「リモートコントロール・モニタリング」機能から、各生徒のPC のスクリーンを直接見ることができ、それぞれの学習状況を把握することができます。 さらに、教師は個々の生徒用PC を直接遠隔操作することができます。


ポインター機能 (エレクトリック・ホワイトボード)

教師が教材の内容に注釈を付ける必要がある場合、ポインター機能(例:直線、ペン、枠、矢印、文字…等)を使用して、重要な点を強調し、画面の再生に追加することができます。

ポインター機能 (エレクトリック・ホワイトボード)

オンライン音声チャット

オンライン音声チャット

教師は教師用 PC の音声を生徒PC に即座に送ることができます。 また、教師と生徒はオンライン音声チャットができます。


リモート・コマンド機能

教師が「リモートコマンド」を送信すると、生徒PC が一緒にコマンドを実行します。 生徒の操作ミスを避けるために、特定のプログラムの開始/終了など、生徒の待機時間を節約したり、コンピュータ教室を維持するときに使用することができます。

リモート・コマンド機能

通知機能

通知機能

教師が「通知機能」を使用して、注意事項を学生用PC画面に表示ができます。


送受信機能

教師用PC は、同時にネットワークを介してすべての生徒に割り当てたファイルを送受信できます。

送受信機能

ビデオレコーダー機能

ビデオレコーダー機能

教師は、コンピュータのスクリーンプレイを操作するプロセスとオーディオの説明を、教育アプリケーション用のビデオファイルに直接記録できます。


オンライン試験

ViewAceのオンライン試験」機能には、「総合試験」と「クラスクイズ」の2 種類の試験が含まれています。 オンライン試験の後、システムは自動的にペーパーマーキング、統計分析、スコアリング管理などの機能を行います。

オンライン試験

ViewAceは教育機能以外にも、教室管理のためのさまざまな実用的な機能も含まれています。


リモートロック

生徒に注目してもらいたいとき、教室が騒がしくなったときは「リモートロック」機能を使用し、教師は生徒用モニターをブラック(またはカスタマイズされたテキスト、画像)にすることができます。その間、キーボードとマウスの操作を無効にすることもできます。

リモートロック

リモートパワー オン・オフ機能

リモートパワー オン・オフ機能

「リモート電源オン/オフ/再起動」機能を使用すると、クラスが始まる前に教室のすべてのコンピュータの電源を入れ、クラスが終了すると同時にシャットダウンすることができます。 授業中に、教授の必要性に応じて、学生のPC を一緒に再起動することができます。


アクセス制限

教師は、生徒のクラスの行動を管理するために、USB ドライブ、外付けハードディスク、DVD-ROM などのストレージデバイスを「許可/禁止/読み取り専用」することができます。

アクセス制限

ネットワーク制限

ネットワーク制限

教師は生徒がインターネットサーフィンやネットワークへアクセスすることを防ぐため、生徒のPC 上のにおいて禁止または制限することなどの使用原則を構築できます。


プログラム制限

教師は生徒が授業中のコースに関連しないプログラムを使用するのを防いだり、クラスに焦点を当てるために、使用原則を構築することができます。

プログラム制限

ネットワーク切断機能

ネットワーク切断機能

当システムは、生徒PC にネットワーク切断が発生したことを検出すると、生徒PC のモニタ、キーボード、マウスを自動的にロックします。生徒が管理されるのを回避するために、故意にネット回線を抜いたりすること防止します。


マルチチャンネル・アプリケーション

当システムの受信チャンネルは、同じローカルネットワーク環境(LAN)内の、多くのコンピュータに対してViewAceを介して個別に指定することができます。 異なる教室間で邪魔になることはありません。 また、教師は複数のチャンネルにログインして、クラスの異なるチャンネルを持つ生徒PC を制御することができます。

マルチチャンネル・アプリケーション

アセット管理機能

アセット管理機能

当イベント裡機能を実行するたびに、すぐに統計レポートが完成します。 診断した結果が最終結果と異なる場合は、警告メッセージをポップアップして差異を一覧表示します。

ViewAceをローカルネットワーク環境で当システムを適用すると、操作や学習が容易になり、より使いやすくなります。 教育活動のための様々なコマンド送信することができ、システムの機能とネットワークを介して実行することができます。


クラスモデル

クラスモデル

「クラスモデル」機能により、教室の実際の座席配置に合わせてスチューデントアイコンの表示位置を調整し、各クラスの生徒の名前とクラス名を設定することができます。


フローティングツールバー

いくつかの一般的な機能は「フローティングツールバー」を構成し、マウスの右クリックによるクイックアクセスメニューを使用して、教師は操作手順やホットキーを覚えることなく各機能を便利に進めることができます。

フローティングツールバー

外部キーボードを活用したホットキ

外部キーボードを活用したホットキ

ハードウェア放送システムに慣れ親しんだ教師のために、教師用PC に外部キーボードを接続し、各機能のキーボード・ホットキーを設定することができます。当システムは、ハードウェア放送システムとして簡単に操作できます。 この組み合わせにより、ユーザーは他のハードウェア機器を購入する必要はなく、コネクトも容易です。


(APP) リモート・コントローラー

教師は、Android スマートフォンまたはタブレットに、ViewAceをインストールできます。これにより、プログラムの機能を遠隔操作することができます。 この機能をコンピュータ教室に適用すると、教師は教室を歩き回って各生徒の学習状況を観察することができます。

Google Play で手に入れよう
(APP) リモート・コントローラー

無線LAN ネットワーク

Wi-Fi ネットワークで構成された様々な環境で、無線伝送技術を使って、放送教育や管理機能を実行できます。

無線LAN ネットワーク

仮想デスクトップ・インフラ

仮想デスクトップ・インフラ

ViewAce は、さまざまな種類の仮想デスクトップ・インフラストラクチャに適用でき、中央管理および分散コンピューティング構造の下で、すべてのブロードキャスト・ティーチング及び管理機能において適切に機能します。